ヘッドタグ 見出しタグ (head tag)の設定方法

head(ヘッドタグ) = 見出しタグ の設定方法

 

 

 

 

 

head(ヘッドタグ) = 見出しタグ

headタグ(ヘッドタグ)とは↓こういうものです。

 

 

<h1></h1>

<h2></h2>

<h3></h3>~

<h6></h6>まで使用可能。

 

上記枠内をコピペして使用すると手間が省けます。

 

 

 

headタグは、headのhをとってhタグといい、見出しを意味します。

 

 

 

headタグを使うと、自動的に斜体や太字に変換されます。

 

 

 

1.大見出しは  <h1>大見出し</h1>

 

 

2.中見出し  <h2>中見出し</h2>  は、大見出しより重要度は低く、字も小さめ 

 

 

3.小見出し <h3>小見出し</h3>  は、中見出しより重要度は低く、さらに字も小さめです。

 

 

以下省略しますが <h6>小見出し</h6>   まで作れます。

 

 

 

このようにタグの数字が小さいほど重要度が高い見出しになります。

 

 

hタグを使う上で以下の大事な注意事項がありますので気をつけて使いましょう!

 

注意1:<h1>、<h2>、<h3>・・・と順番に使うこと

 

注意2:大見出しは1ページに1回しか使わないこと。

 

注意3:<h2>の中見出し以降は本文が必要

 

 

 

headタグを使った文章例はこちら↓↓↓

 

記述例

<h1>カレーレシピ</h1>

<h2>材料</h2>

豚肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、カレールー、

<h3>下ごしらえ</h3>

材料はは一口大に切って水につける

<h4>炒める</h4>

材料を炒める

<h5>盛り付け</h5>

ご飯をよそってカレーをかける

<h6>トッピング</h6>

お好みトッピングを添えて出来上がり

 

 

 

 

⇓⇓⇓

 

 

 

 

表記例

カレーレシピ

材料

豚肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、カレールー、

下ごしらえ

材料はは一口大に切って水につける

炒める

材料を炒める

盛り付け

ご飯をよそってカレーをかける

トッピング

お好みトッピングを添えて出来上がり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です