失業保険受給のための前提条件:面倒な就活をラクにする方法とは?

失業保険受給のための前提条件:

面倒な就活をラクにする方法とは?

 

 

40代で脱社畜したわたしは、起業しようか、それとも、再度、就活に挑もうか、

 

 

 

と悩むかと思ったのですが、以外にも、全く悩まなかったのです。

 

 

 

会社を辞めた次の日から、独立目指していました^^

 

 

 

40代の女性は、会社からすると、メンドクサイ存在のようですから。

 

 

 

わたしが即、管理職可能な人材だったのなら、転職可能かもしれませんがね。

 

 

 

独立するには、収益が得られるまでには多少の時間かかります。

 

 

 

その中途半場な期間をやり過ごすため、失業保険を使って生きる手もありますね。

 

 

 

失業保険とは、今までお勤めの方は、支払ってきた雇用保険のことです。

 

 

 

たった3カ月分しか受給できませんが、いただけるものは頂いた方が得。

と考えるのは貧乏性のわたしだけでしょうかね?^^

 

 

 

わたしの場合は、40代で人生で初めて失業保険を受給することにしたのですが、何かと迷ったり、お得な情報すら知らず、損したりしました。

 

 

 

だから、このページの読者さんは、参考していただき、サクッと行動されてくだされば幸いと思います。

 

 

 

失業保険を受給するには、あなたが受給前1ヶ月間で、2回~3回の就活をしたことを職安に報告し、その承認が得られないと、受給資格を得られません(;^_^A

 

 

 

就活承認を得るには、必ずしも、面接を受けないと就活1回分とみなされないか、というと、そんなことありません。

 

 

 

わたしは、面接に行ったり、職安で職探ししなければならないのか、と思っていたので時間をロスしました。

 

 

 

もっとラクに就活承認される方法を知っていれば、時間と労力をかけず楽しい就活期間にすることができたと思います。

 

 

 

そう、職安では忙しいのか、受給者のしおりに書いてあるのか、詳しく教えてくれなません。

 

 

 

ですが、面接受けなくても、もっとカンタンに就活承認を得られる方法があるのですよ。

 

 

 

就活承認に求められるの条件は、はっきりいって動く意思があるかを、確認したいだけ、ゆるいです^^

 

 

 

就活関連の団体やサイトに登録しただけでも、履歴書を送付しただけでも承認されるということです。

 

 

 

結果は関係ありませんでした。

 

 

 

就活の承認を得るには、まず、どこに行けば良いのか、どのサイトに登録すれば良いのかを知ることが必要です。

 

 

 

それには、職安のラックに並んでいるチラシで探したり、パソコンで検索したりと、リサーチしなければなりません。

 

 

 

就活承認を得るためだけでなく、今後、就活を成功させるには、リサーチする力が重要です。

 

 

 

現在、どんな就活支援が行われているかを知り、自分の興味あるところへピンポイントでコンタクトすることです。

 

 

 

それが出来れば、短期間でラクに次の身の振り方が決まってくるからです。

 

 

 

さらに、不安がなくなり、楽しく就活をするおススメの方法があります。

 

 

 

このページをご覧の方には、わたしの経験を交えてこっそりとその方法をお教えしますね。

 

 

 

不安を取り除き、楽しく就活する方法は、就活支援センターや職業訓練紹介を使うことです^^

 

 

 

 

就活支援設備を活用する

 

お住まいの場所によって違いがありますが、私の住む、東京、埼玉県方面では、就活支援センターには以下のようなところがあります。

 

 

 

1. 埼玉県女性キャ〇アセンター

 

2. 職安(ハローワーク)で応募している職業訓練校

 

3. 東京しご〇センター

 

4. 職安のセミナー

 

5. 民間も含めた派遣会社への登録、面談

 

 

 

どれもこれも、交通費以外は全部無料です。

 

 

 

1. 「埼玉県女性キャ〇アセンター」は電話予約後、セミナーに参加すると、就活証明書を発行してくれます。

 

失業保険受給の際には必ずこの紙を持参します。

 

参加目的が証明書であっても、楽しい場なのでお勧めです。

 

明るい雰囲気で、育児中でも在宅ワーク希望でも安心して参加できる環境が整っています。(※男性の方はわかりません。ごめんなさい。)

 

わたしが参加したセミナーは、「自分発見」というテーマのセミナーでした。

 

行く前は不安しかありませんでしたが、セミナーには同じ境遇の方がたくさん。

 

グループごとにワークをしますから、知らない方同士でも最後には仲良くなれましたし、皆さん充実した時間だったと絶賛!

 

わたしもすっかり不安がなくなりました^^

 

講師も明るくて楽しかったですよ^^

 

毎回参加を楽しみに参加している方もおられました^^

 

シニア向けのセミナーもありました。

 

ただし、ここは、人気が高く、募集後、すぐ満席になりますので予約はお早めに!!

 

 

 

2. 「職業訓練校」をご存知かと思いますが、職を失った方が失業保険を頂きながら、無料で受講できる学校です。

 

 

職安で ”受講相談に行くだけ” でも就活承認1回分としてカウントしてもらえます。

 

相談したからといって訓練校に行かなくても大丈夫ですが、職安でカウンセリングを受けないと就活1回とカウントされません。

 

カウンセリングに行く場合は、必ず、「雇用保険受給資格者証」を持参して、承認印を押印してもらってください。

 

その印が就活証明になります。

 

 

 

「職業訓練」には2種類あります。

 

一つは、交通費も無料で行かれるけれど3カ月位の短期間の訓練校。

 

もう一つは、交通費は自腹で半年位の訓練校です。

 

訓練校の内容は、

 

 

フラワーデザイン、アロマテラピー、と趣味のようなものから、

 

WEBデザイン、エクセル・ワードなどのIT関係、

 

医療事務、簿記など事務関係

 

などいろいろあります。

 

毎月、受講可能な訓練校が変わりますから、興味がある訓練校がないか、毎月確かめに行くだけでも就活になりましたからぜひ活用してみてくださいね。

 

職業訓練受講を決めたら

 

受講を決めたら、ジョブカードを作成しなければなりません。

 

ジョブカードとは、キャリア・プランシート、職務経歴書、資格シート、学歴シートで、これからの職業生活設計をたてます。

 

 

 

出来たら、職安に持っていき、チェックしてもらいます。

 

 

 

OKが出たら、学校見学に行きます。

 

 

 

学校が気に入ったら面接があります。

 

 

 

面接ではどういう生活設計を描いていて、学校が終わったらどんな仕事に就きたいのか明確に発言しましょうね。

 

 

 

面接に合格すれば、いよいよスタートです。

 

 

 

職業訓練楽しみましょう!

 

 

 

職業能力証明シートに教育訓練機関と企業が評価してくれますので、それをもって就活をはじめます。

 

 

 

 

3. 「東京しご〇センター」は飯田橋にある就職支援センターです。

 

就活承認もらうには、必要事項を記入しカウンセラーに出すだけです。

 

あとはカウンセラーが登録してくれますので、話だけ聞けば就活承認されます。

 

登録後、その日のセミナー受講を勧められましたが、特にセミナー受講しなくても職安では就活承認されました。

 

 

 

4. 職安のセミナー

 

職安でも、就活の仕方などのセミナーを定期的に開いています。

 

セミナー時間は1~2時間くらいです。

 

終了時に就活証明書がもらえます。

 

これも、失業保険受給時に持参してください。就活証明になります。

 

セミナーの印象としては、お堅い感じで、わたしには、楽しい場ではありませんでした。

 

が、面接しに行くより気楽です^^

 

 

 

5. 民間も含めた派遣会社への登録、面談

 

民間の派遣会社はたくさんあります。

 

最近では在宅ワークを専門に扱う会社

 

コピーライティングだけを専門に扱う会社

 

IT関係だけに絞っている会社

 

など、分野別にググってみるとたくさん探せると思います。

 

気になった派遣会社に登録してみてくださいね。

 

それだけで就活とカウントされますよ。

 

 

まとめ

 

職を失って焦って何も考えずに就活をはじめるのでは、面接で発言する内容が曖昧になります。

 

 

 

まず、現在の自分の状況と社会のニーズを照らし合わせ、適材適所と思われるところを探ってからピンポイントで就活をはじめるのはいかがでしょうか。

 

 

 

いきなり面接に向かうのではなく、職業訓練や、セミナー、カウンセラーの意見を聞く、派遣会社でニーズを調べるといった活動が今後の成功のコツかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です