ブログ運営者の必須ツール Fetch as googleとは?

【Fetch as google】はサイト/ブログ運営には欠かせない

 

⇒2019年3月に【URL 検査ツール】へ移行します

 

 

 

Sponsored Link

 

ブログ運営している方で、アドセンス収入が毎日、数円しか入らないことが続く時、クローラーがちゃんと到達しているのか、不安になることってありませんか?

 

 

 

せっかく素敵な記事が書けてもクローラーがちゃんと記事に到達していなければ、当然、Googleインデックスにもデータ送信がなされていないわけですから、SEO対策は不完全ということになりますね。

 

 

 

せっかく収益になる記事を書いても数円の収益にしかならない、それではもったいないですよね。

 

 

 

そこで今日は、リアルタイムでクローラーの到達状況を把握できるとても助かる機能、Fetch as googleについて解説します。

 

 

 

因みにタイトル通り、Fetch as googleURL 検査ツールに以降します。

 

 

 

 

 

クローラーを都度、呼び込む「Fetch as google」

Fetch as googleはGoogleが提供しているツールで、サイトやブログを巡回するクローラーをリアルタイムで呼びこむために設置します。

 

 

 

 

 

 

 

その他にもFetch as googleはブログにクローラーがなかなか到達しないとか、到達したのか分からないのでは不安という悩み解決もできます。

 

 

 

リアルタイムでクローラーの到達と、どのように記事が表示されているかを確認することができるので、サイト運営に活かしたいですね。

 

 

 

記事のタイトルを変えたい・・・というような修正時にもFetch as googleは対応してくれる優れたツールなのですよ。

 

 

 

Fetch as googleの設置方法

Fetch as google は Google Search Consoleの中で設定できます。

 

 

 

現在表示されるGoogle Search Consoleは、新しいバージョンですが、Fetch as googleは古いバージョンで設定ができます。

 

 

なので、一度、古いバージョンに下図「以前のバージョンに戻す」をクリックして戻します。

 

 

 

 

 

 

クロール⇒Fetch as googleをクリックします

 

 

 

 

https:/の後に、表示したいページのURLをコピペし、「取得してレンダリング」をクリックします。

「取得」を選ぶとステータスは完了となり、「取得してレンダリング」を選ぶと☑がつき、ステータスが一部になります。

 

 

 

 

「取得してレンダリング」とは何?

そもそもレンダリングとはいったい何なのかというと、どのように表示させるかを確認できるものです。

 

 

 

クローラ(googlebot)がデータ(html)以外に画像認識も行い、表示してくれるので、下図のように表示され、ページを確認できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

が、「取得」を選択すると、googlebotが、htmlのみを認識し次の図のように表示します。

 

 

 

 

 

 

ですから、html表示が必要ない方は「取得してレンダリング」を選択しておけば大丈夫です。画像がちゃんと表示されてるか確認できますからね。

 

 

 

 

このレポートは 2019 年 3 月以降はご利用いただけなくなります。 代わりに新しい URL 検査ツールを使用してください。

 

 

 

 

 

スポンサー

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
人気記事ベスト8位
カテゴリー
固定ページ
はなさき みののプロフィール

はじめまして、みのんこと、はなさき みのです。ブログご訪問ありがとうございます。

OL辞めてアラフィフからスタートしたネットビジネス3カ月目で10万円達成。

詳しくはこちら

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
ブロックしたスパム

ページの先頭へ