Googlebot用のサイトマップ自動生成方法 – BLOG📖🖊LIFE

SEO アドセンス アドセンス準備編 ワードプレス

Googlebot用のサイトマップ自動生成方法

投稿日:2019年8月23日 更新日:

・サイトマップ自動生成を設置したい
・サイトマップのプラグインを入れたのに表示されない
そんな方のためにサイトマップ設置方法を解説します。

 

結論:Google XML sitemapsitemapsをプラグインに入れ、詳細設定する →Google XML Generatorでサイトマップを自動生成する
→FTPよりWEBサイトへサイトマップをアップロードする → Google search console(サチコ)でインデックスする →成功しましたの表示がでたら完了

 

この記事の下記、手順6まで終えると、

・ご自分のサイトマップが完成したのを見ることができる
・googlebot(クローラー)がサイトマップから、あなたの記事をインデックスしたのを確認できる

ようになります。

 

 

【現在の私について】 現職は、AI系インストラクターをしています。二つのサイトでアドセンスを取得しております。
このサイトの他には、SMAPHO LIFEユーチューブの作成もしています。

 

 

sponserdlink

2種類のサイトマップ

サイトマップとは、その名の通りサイトの地図、サイトの目次のようなものです。

サイトマップには2種類あります。

 

①人間が読めるサイトマップ

②Googlebot(クローラー)が読むサイトマップ

 

どちらものサイトマップもSEO対策には欠かせません。

ブログでランキングアップを狙いたい方、広告収益を得ようとお考えの方は特にサイトマップを設置することをお勧めします。

ここでは、Googlebot用 (クローラーとも呼ばれるネット上を巡回しているロボットのこと)のサイトマップを作成します。

 

 

 

sponserdlink

手順1. プラグイン Google XML Sitemaps を入れる

Google が推奨しているサイトマップはの拡張子は、xmlです。

そのため、「Google XML Sitemap」 というプラグインを使ってサイトマップを作成することをお勧めします。

Google XML Sitemaps

 

このプラグインをした後、まだまだやることがあるのでこのページに戻ってきてください。

 

このプラグインが入っている場合は読み飛ばしてくださいね。

ただし、もし、「Google XML Sitemap」と「All in one SEO」というプラグインを併用されている場合は、被ってしまうので、「All in one SEO」をプラグインから削除する必要があります。

もしこの二つを同時に利用している場合、Google search console(サチコ)に

「サイトマップがHTMLです」と表示されるはずです。

 

別の記事でも書きましたが、「サイトマップがHTMLです」というのは、xmlではないサイトマップなので、googolebotが記事を読むことができません、と言ってあなたの記事を巡回せずに去っていくということです。

 

 

sponserdlink

手順2. xml sitemap generator でサイトマップを自動生成

「google XML Sitemaps」のプラグインを入れたら終わりではありません。

サイトマップは、掲載記事があればあるほど、手作業で作成するのは困難ですので、

ここでは「Google XML generator」でサイトマップを自動生成します。

⇓⇓⇓

Google XML generator

 

 

 

ご自分のWEBサイトのURLを白い帯の中に入力 → 開始をクリックします

 

 

サイトを読み込み始めます。しばらくお待ちください。

 

 

 

 

サイトマップが出来上がると動きが止まります。

下の方にスクロールして「xmlサイトマップを表示」をクリックしますと、

ご自分の生成されたサイトマップを確認することができます。

 

 

 

確認ができたら、「XMLサイトマップファイルをダウンロードします」をクリックします

 

 

 

 

ご自分のPCの左下にファイルがダウンロードされます。

 

 

 

PCのダウンロードフォルダにも同ファイルがzip形式のフォルダに入っているはずです。

zip形式フォルダをダブルクリックして中身を取り出します。

これから、sitemap.html をご自分のサイト内へアップロードします。

 

 

手順3.FTPをつかって、テーマ編集へアップロード

FTPを開きます。

①左側上段(ご自分のPC)のダウンロードフォルダをクリックし、左側下段のsitemap.html を表示させておきます。

②右側上段(WEBサイト)では、

サイトURL名(example.com) → public_html → wp-contents → themes → Stinger8(ワールドプレスのテーマ)を順番にクリックします。(今回、私はStinger8の子テーマでStinger8-childを選択しました)

右側下段にstringer8-childの内容が表示されます。

この内容は、ワールドプレスのダッシュボード内、「外観」直下の「テーマ編集」の中身に当たります。

先程用意しておいた左側下のsitemap.html をダブルクリックすると右側下段にコピーができます。

これでサイトマップがご自分のサイト内に挿入できます。

 

 

 

手順4.google search console(以下サチコ)でURL検査を行う

サイトマップがご自分のサイトに出来たら、早速クローラーを巡回してもらいましょう。その際、URL検査を行います。

Google search console(サチコ)を開きます。

右側のURL検査をクリックし、検索窓にご自分のサイトURLを入力します

 

 

すると、公開URLをテストし始めます。

 

 

手順5.クローラーにインデックス依頼をかける

 

インデックス登録をリクエストをクリックします

 

 

 

下図のようなリクエスト済みとなったら成功です

 

 

手順6.サチコに完成の文字があれば完了

サチコ内 → サイトマップ → 成功しました。

 

 

 

まとめ

①google XML Sitemapsをプラグインにいれたら、All in pack SEO を削除

②Google XML Generatorをダウンロード。

③FTPからWEBへアップロード

④サチコでサイトマップの確認。URL検査、インデックス登録を行って「成功しました」と表示されたら終了です。

お疲れ様でした。

もし、ワールドプレス初心者で、サイトマップの利用が難しいと思われたなら、こちらの教材がおススメです👇👇👇

サイトマップが初めから設定されており、ブログを書くことに集中できます。

私がブログを始めた当初、購入した教材です。3カ月くらいでやり終える程度の教材です。
安いのにはっきり言って稀な良書で感謝しています。今でも活用させて頂いています。

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

-SEO, アドセンス, アドセンス準備編, ワードプレス
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ徹底比較!安心・お得なブログはどれ?

初めてのブログ。どのブログが安心でお得? ブログ徹底比較!    

アフィリエイト教材ならアンリミ

僅か、数万円の教材でブログ経験ゼロから 「たった3カ月で10万円達成!」  「アドセンス審査も合格!」  させたアフィリエイト「当たり教材」とは?  

ブログの目次を自動生成する方法

ブログの目次を自動生成!?する方法を教えちゃいます♡        

サイト、ブログ、ホームページ作成ならワードプレス(WordPress)がおすすめ

独自ドメインをもつブログ:ワードプレス(WordPress)のすすめ      

サイトマップは「Google XML sitemaps」をプラグイン!

・サイトマップを作りたいが手作業は大変と思っている ・拡張子がhtmlなのでGoogle search console「サイトマップはhtmlです」とはじかれてしまう ・サイトマップの作り方が知りたい …

はなさき みののプロフィール

はじめまして、みのんこと、はなさき みのです。ブログご訪問ありがとうございます。

人生中半でOL辞職。
IT業界で新たな一歩を踏み出す。
ブログ生活6カ月目でアフィリ収入20万円達成。
現職はIT系インストラクター。
半年間の休憩を経てブログ再スタート。
プログラミング学習も始めました。

詳しくはこちら

お問い合わせ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログランキング

今すぐ稼ぐならここから登録

スマホアフィリで稼ぐならここから登録

アーカイブ